【完全版】転勤族のメリット・デメリット!全国転勤中の現役FPが金銭面と生活面での感想を解説!

転勤

悩んでる人
悩んでる人

転勤族って大変そう。

就職考えてる会社も転勤があるみたいでどうしよ。

こんなお悩みを解決します!

この記事の内容

  • 転勤族のメリット・デメリットを紹介
  • 転勤族には2つの種類があります
  • 転勤族の人って本当に幸せなの?
  • 金銭面と生活面をFPの立場から解説

この記事を書いた人

KOISHI@副業FPブロガー (@koishicafe)

年間300組以上のコンサルを実施!
資産運用の基本や、保険、節約といったことを得意分野としています!
>>KOISHI CAFE 運営者情報

僕は現在家族と一緒に全国転勤中です。

この記事では僕が感じた転勤族のメリット・デメリットを余すことなくお伝えします!

最初は「本当に転勤のある会社で良いのかな?」と不安でいっぱいですよね?

実際どういったところが不便なのかについても記事の中で紹介します!

転勤の先輩としてこの記事があなたの会社選びの参考になればとても嬉しいです!

KOISHI
KOISHI

この記事は5分で読めます!

「就職を考えている会社が転勤のある会社なんだけどどうしよう」という方はぜひ最後までお付き合いください!

きっと読み終える頃には自分の進むべき方向が少し見えてきてるはずです!

スポンサーリンク

はじめに

ではさっそく結論です!

あなたの価値観に合えば転勤族はアリ!
“価値観に合えば”というところが1番大切なポイントです。
転勤族になるかどうかは下記のどれに該当するかで決めることができます!
 
あなたのおすすめはどのタイプ?
 
『転勤族かんたんフローチャート』
  • 会社でキャリアアップしていきたい!⇒『全国転勤型』がおすすめ
  • 家族や友人と離れたくない!⇒『地域限定型』もしくは『転勤なし』がおすすめ
  • どちらも大切で選べない!⇒『ハイブリット転勤型』がおすすめ

後ほどそれぞれのタイプを順番に解説していきます!

みなさんは転勤族にどんなイメージがありますか?

  • 働く場所が会社に決められるなんて嫌だ!
  • 慣れ親しんだ地元を離れて仕事をするなんて考えられない!

このようなマイナスイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

僕が最初に勤めた会社は転勤がありませんでした。むしろそれが当たり前とさえ思ってました。

ですがスキルアップのためにあえて転勤族となる会社に転職しました!

という事で今回は現在まさに転勤族である僕が

  • 転勤族を選んだことに後悔している
  • これから就職・転職で転勤のある仕事に就こうとしている
  • 結婚を考えている相手が転勤族だった

という方々に向けて転勤族のメリットやデメリットをお伝えします!

実際体験してみて思うのはマイナス面だけではないということ!

順番に紹介していきますので最後までお付き合いください!

まずは転勤族の種類からお伝えしますね。

転勤族の種類

「え?転勤族の種類ってなに?」

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

転勤族には2つの種類があります!

まずはその2つの種類について紹介しますね!

1.全国転勤型

転勤族というとこちらを想像する方が多いのではないでしょうか?

まさしく名前の通り日本全国どこでも転勤する雇用形態の人を指します。

※海外への転勤を伴う方についても今回はこのタイプとします

基本的には会社から受けた辞令に従い指定された場所で働く必要があります。

極端に言うと北海道で勤務していたけど1年後に沖縄にいるという事もあり得るという事です。

ただし会社の支社、支店などがある場所にしか飛ばされないので、

「大都市にしか会社がありません」という方である場合は、転勤になったとしてもどこかの大都市ということになりますね!

これから就職・転職先を探す方は会社の規模などをチェックしておく必要がありますね。

雇用形態は総合職となっている方も多いかもしれません。

総合職とは職種を問わない働き方です。

全国にある様々な部署で経験を積み徐々に管理職への道を歩んでいく。

こんな働き方も全国転勤型の特徴です!

2.地域限定型

この地域限定型は読んで字のごとく、定められた地域の中で転勤がある雇用形態です。

例:転勤があるとしても関東県内のみ など

もちろんこの雇用形態だとしてもいつ辞令が出るかわからないです。

そのため「どうせ転勤があるなら全国転勤型でいいや」という方も多いです。

でも家庭環境は人それぞれなので、その方の家庭環境によってこちらを選んだ方が良いこともあります。自身の環境に合わせて選びましょう!

転勤族には『全国転勤型』と『地域限定型』の2つの種類がある!

種類がわかったところで転勤族のメリット・デメリットを紹介します!

転勤族のメリット

まずは転勤族であることのメリットからお伝えします。

沢山あるのでその中からいくつかピックアップして紹介しますね!

1.基本的には転勤の無い人より高収入

もちろん企業によっても違いますし業種によっても違うでしょう。

ですが、同じ会社の中で考えるとしたら転勤の無い人よりも収入が高い傾向にあります。

理由は福利厚生が大きいからです!

どこが違うかと言うと、

  • 家賃手当が出る。もしくは転勤の無い人より補助金額が多い
  • 基本給が多い
  • 転勤手当などの様々な手当がある場合がある

上記のような優遇があることが多いです。

いつどこに転勤になるかわからないリスクを抱えているのに、転勤の無い人と同じ待遇だとしたらやっぱり不満ですよね?

会社もそこは理解してるので一般的にある程度の優遇があるわけです!

会社の辞令に従うことと引き換えにある程度の待遇を得ているということですね!

2.キャリアアップが見込める

【様々な部署を経験させて将来的に管理職へと登用していく】

今はこのような考え方は古いとされていますが、現在でもこのように考えている企業は多いのが実態です。

働き方は時代とともに変化していくので転勤に関しての考え方も時代とともに変わってきます。

転勤をする社員でないと出世できないという考えは今の時代には合っていません。

そして現在ではテレワークも導入される企業が多くなりました。

今後は『転勤があるから出世しやすい』という事は減少します。

とは言え転勤のある人の方が様々な経験が出来る事実はまだまだあります。

そのため現状は転勤族である方がチャンスも巡ってきやすいことが多いです!

3.色んな場所に住める

転勤があることで自分の意志では住もうと考えない地域にも住むことになります。

旅行感覚で様々な場所に住めるのはメリットですね!

僕は九州の方に旅行で行きたいと最近思っています!

でも今は旅行として行かずに今後九州に転勤になった時に制覇しようと思ってます!

僕のような考えの人は「会社のお金で定期的に旅行出来る」と考えることも出来ますね!

メリット⇒「①高収入②キャリアアップできる③色んな場所に住める」の3つ

転勤族のデメリット

続いて転勤族のデメリットを紹介していきます。

1.転勤のある人より比較的収入が低い

もちろん企業や業種によって違うということが前提です。

ただし転勤族と比べたら収入が低い傾向にあります。

理由はメリットでもお伝えしましたが転勤族のみに付加されるような手当がないためです。

でも働く場所を自身で決められるのは転勤の無い方の特権です!

2.チャンスを逃す可能性がある

これもあくまでも可能性の話です。

キャリアアップしていきたい方であれば現状転勤族を選んだ方がチャンスは多いです!

理由は管理職を狙うのであれば分母が多い方が良いからです。

働く地域を広げればそれだけ多くの管理職候補になることができます!

今働いてる地域で管理職には早いと判断されても、その他の地域では喉から手が出るほど欲しい人材かもしれません!

1mmでもチャンスを増やしたい人にとって転勤がないことで出世レースに参加出来なくなることはデメリットですよね。

3.全く知らない土地に飛ぶ可能性がある

これも考え方によってですが地元にこだわりのある人にはデメリットです。

住んでいた土地を離れる不安はもちろん、次に住む場所が旅行でも行ったことなければ名前も聞いたことない場所だったという事もあり得ます。

個人的には知らない土地に飛ぶ怖さよりも友人や知り合いと会いにくくなることが一番のデメリットだと感じてます。

デメリット⇒「①低収入②キャリアアップしにくい③住みたい場所に住めない」の3つ

まとめ

ではまとめいきましょう。

【メリット】

  1. 基本的には転勤の無い人より高収入
  2. キャリアアップが見込める
  3. 色んな場所に住める

【デメリット】

  1. 転勤のある人より比較的収入が低い
  2. チャンスを逃す可能性がある
  3. 全く知らない土地に飛ぶ可能性がある

今回現役転勤族である僕が実際に体験していることも含めて転勤族のメリット・デメリットについて紹介しました!

今回のポイントはこちら!

あなたの”考え方”や”理想のライフスタイル”を実現できるなら転勤族はアリ!

最初にお伝えしたようにあなたの価値観に合っているのであれば転勤族はアリです。

そして最後に僕から1つ働き方の提案をします。

今後はテレワークも推進されていくので転勤をしなくともキャリアアップできる環境も整っていくでしょう。ただし現在はまだそのような会社は多くありません。

  • 「会社でキャリアアップしてきたい!」
  • 「家族や友人と離れたくない!」

このどちらも大切にしたい人におすすめしたいのが『ハイブリット転勤型』です!

※ちなみにこれは僕のつくった造語です

『ハイブリット転勤型』とは

  1. 若いうち、独身のうちは“全国転勤型”でキャリアアップを目指す
  2. 結婚・出産・住宅購入といったライフイベントがあれば転勤がない会社へ転職

社会人になりたての頃は転勤族としてがむしょらに仕事をする!

キャリアアップして年収を上げた状態での転職であれば、転勤がなくても待遇の良い会社を選ぶことが出来ます!

今は転職が当たり前の時代。

最初に転勤のある会社に就職したからといって最後までそこで働く必要はありません。

僕がおすすめする『ハイブリット転勤型』はよくばりプラン!ぜひ参考にしてください!

自分と家族が幸せに暮らしていけるような方法を見つけたいですね!

この記事でそのお手伝いができていれば嬉しいです!

もし転職を検討してくのであればこちらの記事を参考にしてみてください!

KOISHI
KOISHI

僕は「若いうちは経験!」と割り切って家族で転勤を楽しんでいます!

今は転職も当たり前なので、実際に住む場所を決めたい時には転職する事だってできます!ぜひ会社選びの参考にしてくださいね!

今回も皆さんの参考になれば嬉しいです!

もし質問などがあれば気軽にコメントなどして下さいね!

ではまた!

【希望の職場を見つけるなら】

このブログを書いてる人
KOISHI

【KOISHI CAFE管理人】教育⇒金融▶︎ライフプラン設計とコンサル/年間300世帯▶︎年収500万の片働き家庭でも3桁貯蓄を毎年継続▶︎現役FPとして夫婦で全国転勤中▶︎元教員としてお金の話をわかりやすく解説▶︎趣味はハンドドリップ▶︎神奈川出身27歳▶︎2021年1月よりブログで情報発信スタート

KOISHIをフォローする
転勤
スポンサーリンク
KOISHIをフォローする
KOISHI CAFE

コメント

タイトルとURLをコピーしました