【必見】令和のイマ、現金が必要な場面とは?キャッシュレス派も現金を使わざるを得ないケースを解説!

つかう・増やす
悩んでる人
悩んでる人

今はキャッシュレス!その方がスマートだし現金いらないよね?

こんなお悩みを解決します!

この記事の内容

  • 現金が必要になるケースを紹介
  • 現金が手元にない時の困ったを解消します

この記事を書いた人

KOISHI@副業FPブロガー (@koishicafe)

年間100組以上のコンサルを実施!
資産運用の基本や、保険、節約といったことを得意分野としています!
>>KOISHI CAFE 運営者情報

令和のこの時代、キャッシュレス決済が主流になりつつありますよね。

あなたも日常の支払いのほとんどをキャッシュレス決済でしているのではないでしょうか。

ただし困ったことに、現金しか使えない場面というのも未だにあります。

僕自身お財布にほとんど現金を入れていないせいで困る場面を経験してきました。

今回はあなたが同じようなことにならないように事前に現金しか使えないケースをお伝えします。

KOISHI
KOISHI

この記事は3分で読めます!

困らないために事前に確認しておきましょう!

ぜひ最後までお付き合いください!

スポンサーリンク

医療費

現金払いの代表格といったら医療費でしょうか。

未だに病院での支払いは現金払いのみのケースがほとんどです。

ですが支払い時にカウンターをよく見てみてください。

おそらくクレジットカードのブランドが書いてあると思います。

でもここでだまされてはいけません。

基本的に病院でクレジットカード決済が出来るのは”保険外治療のみ”です。

病院は基本的に最後までいくらかかるか分からないですよね。

多めに現金を入れて受診するようにしましょう。

KOISHI
KOISHI

病院は金額の確定が最後!お財布にゆとりをもって行こう!

個人経営の飲食店

ラーメン屋や町の中華屋さんなんかも現金払いのみの所が多いですね。

これには明確な理由があって、キャッシュレス決済のための機器を導入するための費用がかかるため。

だからこそ現金払いしかできないお店は名店が多い印象です。(個人的な意見)

だってそのようなサービス面にお金をかけていない代わりに食を追及しているんです!

だからこそ現金のみだとしても通ってしまう魅力がありますね。

ちなみにチェーン店に関してはキャッシュレス対応の所が多いです。

KOISHI
KOISHI

昔ながらの名店は現金のみ!?

どうしてもキャッシュレスが良い方はチェーン店へ!

行政サービス

証明書の発行など、生きていく上で行政のサービスを受けないことはできません。

未だにそのようなサービスでの支払いは現金のみです。

例えば印紙代や施設利用料や手数料。

様々な種類がありますが、このような場所に行く時にもいくらか現金があると良いですね。

そこまで高額になることはないので緊急用として少額用意しておけば困ることはないです。

おそらくキャッシュレスの流れは止められないですし、国も積極的に推進しています。

そのため将来的には行政サービスも便利になっていくことが期待できますね!

KOISHI
KOISHI

行政サービスを突然利用することは少ないはず。

利用する予定のある時にはいくらか現金を持っていこう!

学校関連

段々と現金以外の方法と取る場所も出てきているようですが、学校関連のお金も現金のみが多いです。

例えば部費、給食費など。

他にも就学旅行のお小遣いもキャッシュレスというわけにはいきませんよね。

大学内での手続き関連も現金のみが多いです。

安全性を考えるとキャッシュレスが良いのかもしれないですが、現金だからこその友人とのやり取りもあると思うと、今のままでも良いのかもしれませんね。

僕も友人と割り勘をしたりしたのは良い思い出です!

KOISHI
KOISHI

みんなで現金握りしめてチャイムが鳴った瞬間購買へダッシュ!

それも青春の思い出ですよ!

駐車場

コインパーキングも未だに現金のみのところが見受けられます。

特に個人経営のコインパーキング。このような町の駐車場では現金のみだったりします。

大手が経営している駐車場であれば最近ではキャッシュレス対応の所も多いですね!

そしてショッピングモールの駐車場は事前清算が出来るところも多く、そのような場所であれがショッピングセンター内で現金以外でも使えたりします。

注意点としては5000円以上の紙幣が使えない場合があったりします。

支払う手段がない場合に後ろに行列を作ってしまう事になるので、駐車場は特に注意が必要かもしれません。

KOISHI
KOISHI

車の中にコインを数枚入れておくと助かるかも!少しだけ用意しておこう!

ご祝儀など

冠婚葬祭は現金を使用します。

人の気持ちとしてお金を渡す場面なのでここは仕方ないでしょう。

当日急に必要になるということはなく事前に必要な時なわかります。

新札を用意すべきシチュエーションには事前に用意して臨みましょう。

お正月のお年玉なども当然現金ですね。

かわいいポチ袋は子どももきっと喜びます!

KOISHI
KOISHI

お金はまごころを込めて。現金も袋に包んで渡すことで気持ちが伝わります!

まとめ

近年キャッシュレス決済が普及してきました。

日本は世界的に見てとても遅れていますが、最近ではキャッシュレス推進を頑張っていますね。

その効果もあって、現金が必要な場面はあまりなくなってきました。

今回紹介した場面は代表的な一部で、これ以外にももちろん現金が必要な場面はあります。

ですが多くの場合は”多額の”現金が”急に”必要になることはありません。

急に必要になるようなことがあれば”少額”であることがほとんどです。

キャッシュレス決済を導入していない場所には一切行かないという猛者であればいいですが、

現金は少額で良いので用意してあるといざという時に心強いですね!

KOISHI
KOISHI

キャッシュレスの波に乗って毎日をお得に楽しもう!

今回も皆さんの参考になれば嬉しいです!

もし質問などがあれば気軽にコメントなどしてくださいね!

ではまた!

【お金の勉強をするなら】

このブログを書いてる人
こいし

【KOISHI CAFE管理人】教育⇒金融▶︎ライフプラン設計とコンサル/年間100世帯以上(保険/運用の相談)▶専門分野は保険(FP2級/AFP/TLC/損保大資格など)▶︎元教員としてお金の話をわかりやすく解説▶︎趣味はハンドドリップ▶︎神奈川出身28歳▶︎2021年1月よりブログで情報発信スタート

こいしをフォローする
つかう・増やす
スポンサーリンク
こいしをフォローする
KOISHI CAFE

コメント

タイトルとURLをコピーしました