【投資の基本】資産運用のリスクとは?現役FPが”4つのリスク”を解説!自分に合った方法で資産運用を始めよう!

資産運用
悩んでる人
悩んでる人

資産運用?リスクがあるでしょ?こわくて始められないよ。

こんなお悩みを解決します!

この記事の内容

  • リスクとはいったい何か解説
  • リスクにも種類がある
  • なるべくリスクを抑えて資産運用をする為の具体的方法

この記事を書いた人

KOISHI@副業FPブロガー (@koishicafe)

年間100組以上のコンサルを実施!
資産運用の基本や、保険、節約といったことを得意分野としています!
>>KOISHI CAFE 運営者情報

現役FPとして資産運用の相談を承ることが沢山あります。

「リスクがこわい」という方に運用の説明をして、始めていただくことも沢山あります。

この記事を読めばリスクとの正しい付き合い方がわかるようになります!

皆さんが投資を始めるきっかけになれば嬉しいです!

KOISHI
KOISHI

この記事は5分で読めます!

「投資はなんとなくこわい」と思っている方はぜひ最後までお付き合いください!

スポンサーリンク

はじめに

今回はリスクの正体について解説します。

この記事は

  • これから資産運用を始めようと思っている方
  • すでに資産運用をしているけど不安がある

という方々に向けて書きました!

『どんなことによって値が動くのか』

ここをしっかりと理解できれば資産運用をしていても恐怖心や不安が軽減すると思うので、

この記事を最後まで見てリスクと向き合っていきましょう!

KOISHI
KOISHI

次にリスクの正体を説明します。

正しく意味を理解して資産運用を始めましょう!

リスクの正体

いよいよリスクの正体についてです。

『リスク』という言葉を聞くと、日本人はどうしてもマイナスに捉えがちです。

ですが本当にそうでしょうか?

リスクという言葉の本当の意味は『振れ幅』です。

プラスになることもマイナスになることも両方”リスクがある”と表現します。

【リスクが大きい】

  • 300万円が200万円に減った。
  • 300万円が400万円に増えた。

【リスクが小さい】

  • 300万円が290万円に減った。
  • 300万円が310万円に増えた。

上記は一例ですが、増えるも減るの両方とも『リスク』という事ですね!

KOISHI
KOISHI

投資対象によってリスクが変わってきます!

・株式投資⇒リスクが高くリターンも高い

・債券投資⇒リスクが小さくリターンも小さい

自分が何のためにお金を貯めたいのか目的をはっきりさせれば

どのくらいリスクが許容できるか見えてきますよ!

4つのリスク

リスクには大きく4つの種類があります。

  1. 信用リスク
  2. 価格変動リスク
  3. 為替変動リスク
  4. カントリーリスク

この他にも細分化すれば様々なリスクがあります。

順番にどのような特徴があるのか見ていきましょう。

1.信用リスク

会社や国が破綻するリスクの事を指します。

経営状態が悪化することにより、約束されていた支払いや元本の払い戻しがなされないこともあるので、投資先には注意が必要です。

2.価格変動リスク

代表的なものは株式投資ですかね。

皆さんが想像するリスクとはこれのことではないでしょうか。

金融商品は様々な理由で価格が変動するの

買った時より価値が下がってしまうという事が起こります。

投資対象はもちろん、様々な指標を見ながら投資を実践してみたいですね!

3.為替変動リスク

外国の通貨で投資を行うものに関しては為替も関係してきます。

株価などと同じように為替レートも日々変動しています。

投資対象の価値が上昇していたとしても、為替の影響でマイナスになってしまう事も

起りえる事なので、投資対象が外国通貨のものであれば注意が必要ですね。

4.カントリーリスク

その国の信用力を数値化したものです。

格付け会社からなどから定期的に発表されています。

社会情勢によって日々変化するのでこの点にも気を付けましょう!

KOISHI
KOISHI

代表的な4つのリスクについて説明しました。

この他にも様々な要因で金融商品の価値は変化します!

自分が許容できる範囲の商品を選んで資産運用をしましょう!

リスクを抑えた資産運用方法

リスクの種類について理解できましたね!

金融商品には様々な種類にリスクがあります。

なので自分のリスク許容度にあった商品を選ぶことが重要です!

資産運用でリスクをなるべく抑えるには『投資の3原則』を実践する必要があります。

『投資の3原則』については別の記事で詳しく紹介してるのでぜひご覧ください!

簡単に説明すると『長期・分散・積み立て』の3つの事です。

そして『投資の3原則』が実践できる投資方法の代表的なものが『投資信託』です!

投資信託についても別記事で詳しく解説しているので参考にして下さい!

KOISHI
KOISHI

リスクを抑えて資産運用をするには『投資の3原則』を守ること。

おすすめの方法は『投資信託』です!

一度仕組みを作ってしまえばあとはとっても簡単なんですよ!

まとめ

今回はリスクの正体について紹介しました。

『リスク』という言葉の本当の意味は『振れ幅』です。

リスクには4つの種類がありました。

  • 信用リスク
  • 価格変動リスク
  • 為替変動リスク
  • カントリーリスク

様々な要因で値が動くという事がわかりましたね!

一般的にリスクが高いものほど大きなリターンが期待できます!

リスクの大きな金融商品で資産運用を行うなら長期で行うことが一般的。

なぜなら短期間では元本割れを起こしてしまう可能性が大きいからです。

「リスクを抑えた資産運用の期間はどれくらい?」という方は

別の記事で何年必要か解説してますのでぜひ確認してみて下さい!

KOISHI
KOISHI

増えるのもリスク。減るのもリスク。

マイナス面にだけ目を向けて何もしないより、しっかり学んで将来に向けて

行動を起こした方がきっと良い結果が待ってると思いますよ!

今回も皆さんの参考になれば嬉しいです!

もし質問などがあれば気軽にコメントなどしてくださいね!

ではまた!

【もっと詳しく学びたい人は】

【お金の勉強するなら】
このブログを書いてる人
こいし

【KOISHI CAFE管理人】教育⇒金融▶︎ライフプラン設計とコンサル/年間100世帯以上(保険/運用の相談)▶専門分野は保険(FP2級/AFP/TLC/損保大資格など)▶︎元教員としてお金の話をわかりやすく解説▶︎趣味はハンドドリップ▶︎神奈川出身28歳▶︎2021年1月よりブログで情報発信スタート

こいしをフォローする
資産運用
スポンサーリンク
こいしをフォローする
KOISHI CAFE

コメント

タイトルとURLをコピーしました